2008年2月9日土曜日

モンキー 発電コイルを作る

雪です。
音羽山は20cmくらい積もってるかも知れない。昔だったら喜び勇んで走りに行ってたんですが、何時の頃からか一歩も外へ出なくなりました。
どあって~、寒いんだもん。

と言う事で、最近の定番室内作業です。

モンキーの発電量が足りません!ので、併用コイルを全波タイプに変更します。と言っても、有り物の部品で済ませます。
どあって~、パーツ屋まで出かけるの寒いんだもん。

2008_0210buratto-club0004.jpg

各家庭に2、3個は転がってる、(はいはい)カブ用のステーターベースとNSR系の発電コイルです。
カブのステーターベースに付いてるコイルは、点火用のエキサイタコイルですので、これを解いてNSRのエナメル線(ホルマール線又はウレタン線です)を巻きます。

2008_0210buratto-club0006.jpg

ちなみに、線が太くなれば電流が増えます。(だから、右のNSRの電装用は太いのさっ)
カブのコイルはポイント点火用のコイルですが、C.D.I.点火用はもっと線が細くなり電圧が上がります。
したがって、同じ役目をするコイルですが、C.D.I.点火にはポイント用のエキサイタコイルは流用出来ません。

2008_0210buratto-club0008.jpg

解きました。
コイルを止めるツバの部分がちょと小さいので、プラスチックで作ります。

2008_0210buratto-club0014.jpg

適当な空き箱が有ったのでこれで作りましょう。
ビニールっぽいプラスチックで、割れにくくてよさそうです。

2008_0210buratto-club0017.jpg

こんな大きさにしてみました。
コイルをベースに取り付けた時に、当らないギリギリのサイズです。

2008_0210buratto-club0020.jpg

あっと言う間の出来上がり写真ですが、NSRのコイルを解きながら巻くのは大変でした。
コイルはニスで固めてあり、綺麗には落ちてくれません。また、一度巻いてある物ですから、うねうねと曲がってます。それを出来る限り真っ直ぐに伸ばしながら、さらに強く引っ張って巻かなければなりませんので、指と言わず指の付け根まで痛くなります。
と言う事で、出来上がりの見てくれは、ご覧の有り様。
やっぱり、新品のエナメル線を使いましょーね。って、こんな馬鹿な事は誰もしないか・・・
最後に、ニスの代わりに2液式のエポキシで固めれば出来上がりなんですが、持ってませんので完成は後日です。

2008_0210buratto-club0028.jpg

一応仮止めをして確認。ベースには当たってません。
後はフライホイールに当らなければ良いのですが・・・確認は、これまた後日です。
どあって~、寒いんだ・・・(はいはい)

導通テストもしておきました。。抵抗は0.6Ω、2本のリード線以外導通無しと言う事で、全波型コイルの完成となりましたーっ!

次回をお楽しみにー。

<2月10日追記>
雪も溶け道路も乾いてきたので、ホームセンターでエポキシを買ってきました。
こねこね、ぬりぬり。

2008_0211buratto-club0001.jpg

気温が低くてなかなか硬化しませんねー。このまま放置です。

じゃ、今日の所はこんな按配で・・・ひとつ宜しく。