2006年11月25日土曜日

モンキー スイングアーム交換

ロングスイングアームになってたので、スタンダードに戻しました。
ショックは流石にスタンダードに戻す気になれず、TLMやCDに使ってるタイ製ショックです。ちょとレーシー・・・

2006_1125burattoclub0002.jpg

スイングアームの落札価格は1,000円位だったと思いますが、ブレーキロッドやチェーンカバー、アクスルシャフトまで付いてました。あら、嬉し。
バイク屋さんへ、GO!

2006_1125burattoclub0003.jpg

さくさく付けて、チェーンを切って完成。
やっぱりロングスウィングアームの方が格好いいですねー。ま、しかし、こっちの方がカワイイから良しとしましょう。
エンジンを始動し電装の確認をしたんですが、バッテリーは何とか生きてる?ようです。ヘッド、OK!ウィンカー、どうにかこうにか点滅。テール&ブレーキがアウト!でした。

2006_1125burattoclub0006.jpg

ゴムベース部分ですので修理できませんねー。どうしたもんだべー。リヤフェンダーの装着と共に悩んでみます。

フロントブレーキが笑ってしまうくらい効かないので、これも対策しなくては・・・

2006年11月19日日曜日

モンキー 6V球で12V交互点滅リレーのテスト

前回は、充電器の6Vレンジで12V8Wは点滅するのに、6V8Wは点滅しないと言う結果でした。
で、電球の抵抗を調べると、12V8Wが1.9Ω、6V8Wが0.5Ωでした。その差1.4Ω。と言うことは、6Vの電球に1.4Ωの抵抗を追加すれば点滅するんじゃないかと、可変抵抗を接続してテストしてみました。
抵抗値を微妙に変えて行くと、偶然?点滅する所が有るんですが、やはり、偶然。電源を入れなおすと点滅しませんでした。
やはり駄目かと諦めたんですが・・・

2006_1119burattoclub0002.jpg

2006_1119burattoclub0005.jpg

リレーを代えたところ、何故だか点滅し出しました。
ひょとしたらと、抵抗を外し直接接続しても正確に点滅してます。
使ったリレーは同じKT2なのですが、以前に中身が見えるようにシールド材を取り去った物です。

2006_1119burattoclub0011.jpg

シールドを取り去ったからでは無く、個体差だと思うんですがどうなんでしょう。
何十個かに一個、何百個かに一個?は、6Vで使用出来るリレーがあるのかも知れませんね。
これで、今度の6Vモンキーのリレーは決まりです。
モンキーで使用されてるバッテリー(6N2-2)は弱いので、とても有り難い個体差です。

2006年11月18日土曜日

モンキー エンジン搭載

本日エンジン搭載。
数回のキックで軽く始動しました。心配だった社外マフラーの音も、思ってたより静かで安心しました。

2006_1118burattoclub0001.jpg

これで一応走れる訳ですが、ノーマルスイングアームと社外ショック、リヤフェンダーを購入済みで、これを交換してから走り出そうと思ってますので、ナンバー取得は12月になりそうですね。

2006年11月4日土曜日

モンキーエンジン その後

オークションで手に入れたタケガワのシリンダーです。

2006_1104burattoclub0001.jpg

3箇所ほど歪んでました。52φのスリーブは厚さ1mm、ペラペラです。簡単に歪みますし、簡単に修正できます?
小さな金槌で軽く叩いて、ま~るく見えればオッケー!(ほんまかいな)

2006_1104burattoclub0006.jpg

タケガワの新品ガスケットセットです。1,890円也。

2006_1104burattoclub0004.jpg

パッキンを入れようとベース面の掃除をしかけたら、あららら、オイル穴がスタンダード状態?のようです。0.9~1mm位でしょうか?と言うことは、オイルポンプもスタンダード?
88ccでスタンダードかぁ・・・

2006_1104burattoclub0015.jpg

不安になったものの、折角組みかけたので後戻りも出来ず、組み上げてしまいました。
しかし、オイルポンプの確認とオイル穴の拡大はいずれしなければなりませんねぇ。
また宿題ができてしまった。ツライ。