2006年7月30日日曜日

今週だってモンキー

エンジンを持ち帰りバラしてみました。

2006_0729burattoclub0024.jpg

バルブを外すと、赤、白、黒が入り混じり、美しいですね。

2006_0730burattoclub0001.jpg

ピストンだって負けてません。あまり見かけない、赤みを帯びた黒。素晴らしいです。
思わず感動の涙が・・・

2006_0730burattoclub0009.jpg

バルブガイドが錆びてるとは思いもしませんでした。
パワーフィルターでしたので、水を吸ったのでしょうか?
このエンジンは磨き応えが有ります。楽しめますね。って、そんな事より!ネジが固かったーっ。どこも此処も力いっぱい締め込んでありました。前オーナーは、余程辛い事があったのでしょう。余程悲しい事があったのでしょう。そうだ!そうに決まっている。
しかし、ナットも舐めず、ボルトも折らず、これだけ強烈に締めるとは、なかなかの腹立たしさです。参った!
じゃねー。

2006年7月23日日曜日

今週もモンキー

4人がかりでも始動出来ないモンキー。
カムタイミングを調べて見ました。

2006_0723burattoclub0002.jpg

んー。いたって正常。やはりキャブと点火タイミングでしょうか?
キャブを分解したついでにマニホールドを外してみました。

2006_0723burattoclub0003.jpg

画像では解りませんが、何故か真っ赤な鉄錆びが・・・アルミなのに何故?ヘッド側には更に沢山の鉄錆びが・・・アルミなのにどうして?
とりあえず指を突っ込みキレイキレイ。エアーブローしておきました。
次に本格的にポイントの点検。フライホイールを取り外し、ポイントをばらし目視検査。外周が微妙に高くカルデラ状態。ヤスリでキレイキレイします。

2006_0723burattoclub0004.jpg

撮影は、専属カメラマンのkawaさんが間に合わず、特別出演のokさんです。勿論、モデルはダンディーな私です。(はいはい)

出来た・・・ 全てやった・・・ もう、思い残す事は、何も・・・ 無い。
これで良いのだ。これで良かったのだ。世界の人々も許してくれるだろう。人種を超えた喜びが目に浮かぶようだ。 さあ、キックをっ! さあ、力を込めて!

んー?かかりません。やっぱりかかりませーん。やっぱり鉄錆びが、あってはならない鉄錆びがっ、問題かーっ!
バラします。腰上バラします。バラせばいいんでしょっ!

と言うことで今度の土曜日に、預かって貰ってるバイク屋さんから、エンジンだけ持って帰ってくる事にしました。
ふんじゃまたね~



2006年7月16日日曜日

今週のモンキー

取り寄せた旧CD90のワイヤーは、付いてた社外品のものより少しインナーが長かったのですが、キャブを付けてみた所ピッタリでした。(嬉)
スロットルパイプをTLRの物に交換したからだと思われます。

2006_0716burattoclub0003.jpg

次はキーが合わなくて開けられないタンクキャップを、何としても開けなければなりません。
バイク屋さんには使わなくなった古いキーが残してありますので、ちょっとお借りして合いそうなキーを捜します。

2006_0716burattoclub0004.jpg

またも撮影kawaさん:手タレはナイスガイの私(ハイハイ)

2006_0716burattoclub0005.jpg

撮影kawaさん:モデルはキー山 カギ男くん

2006_0716burattoclub0008.jpg

皆さんのご協力と力づくで何とか外れました。
社外品なのにホンダのキーで外れたキャップです。勿論これは廃棄処分。純正のキャップに交換します。
キャップも外れタンク内確認。一部錆びが出てますが良好のようです。4年物のビンテージガソリンを惜しげも無く捨て、新しいガソリンを注入。
さぁキックじゃあ。ポスポスポス、プスプスプス、ポスポスプスプス。数十回キックすれどかからず。お待たせ。新品プラグ投入!ポスポスポス、プスプスプス、ポスプスポスプス。やっぱりかからず。
ヘタクソ!止めろ!と非難轟々。
この後、我こそはと4人が交代しながらチャレンジするも、かかる気配もなく今週の作業は終了ーっ!
4年前にはかかっていたと言う言葉を信じ過ぎてました。

次回は点火時期とカムタイミングの点検をします。
ふんじゃねー。

2006年7月9日日曜日

モンキー スロットルホルダー

旧型CD90のアクセルワイヤーが手に入ったのですが、インナーが少し長かった。
でも、短い分には問題ですが長い分には問題無くて、CD50のキャブ交換で能書きを足れてる通り、ハンダを溶かして調節すれば良いので気にはしてません。
問題は、購入したモンキーにはハイスロットルが付いてたのですが、グリップが異様に太い。バッかじゃないのと言うくらい太い!
と言う事で交換!私好みのTLM50のスロットルパイプを付けた所、ホルダーに当たって滅茶苦茶抵抗が有り、ホルダーを削ってるところです。

2006_0709burattoclub0001.jpg

「撮影:kawaさん モデル:とっても素敵な私 (ハイハイ)」

錆び付いてて確認出来ませんでしたが、TLM/TLRのスロットルパイプが当ると言うことは、元のスロットルパイプも当たって?たんじゃないでしょうか。怪しい社外品です。

2006_0709burattoclub0002.jpg

「撮影:kawaさん モデル:とっても可愛い私 (ハイハイ)」

少し削ってはスロットルパイプを組んで確認。少し削ってはスロットルパイプを組んで確認と繰り返し、カンセーイ!!

2006_0709burattoclub0005.jpg

ふふふ。 あーっはははははは・・・
開ける閉じる、なんの抵抗も有りません。これでイイのだー

2006_0709burattoclub0004.jpg

スロットルホルダーの加工と同時にキャブの分解整備。詰まった各ジェットをキャブクリーナー液に漬けて置きます。
ボディーはキャブクリーナーと真鍮ブラシ、竹串でキレイキレイします。

2006_0709burattoclub0008.jpg

リフレッシュしたキャブ。結局、半日潰れました。
今度の土曜日にはエンジンがかけられる?予定です。

2006年7月1日土曜日

モンキー

kawaさんに無理を言って、置く場所も無いのにモンキーを譲って頂きました。

2006_0701burattoclub0002.jpg

2006_0701burattoclub0001.jpg

排気量は85ccか88ccでキャブはPC20と、吸気から排気まで一通りいじって有るので、そのまま乗ろうと思ってるんですが・・・
4年程放置してあったと言う事で、アクセルワイヤーが錆び付いてて全く動きません。
取り合えずアクセルワイヤーの交換と、キーの合わないタンクキャップを交換しなければならないようです。